メニューを開く 検索を開く ログイン

食糧1週間分確保も予断許さず―熊本の医療機関

「赤ちゃんポスト」の慈恵病院

 2016年04月18日 19:52
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 「4月18日の夕食で備蓄が尽きる」―熊本県で相次ぐ地震被害で,「赤ちゃんポスト」で知られる慈恵病院(熊本市)から4月16日,そんなSOSが発された。それを受けて同院には多くの物資が寄せられ,入院患者・避難者計214人を抱えて18日夜に食糧・飲料水が尽きる事態は回避された。同院公式サイトには,支援に対する感謝が記されている。しかし,同院に問い合せたところ,食糧・飲料水が確保できたのは1週間分程度と心もとない。紙おむつも不足気味という。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  食糧1週間分確保も予断許さず―熊本の医療機関