メニューを開く 検索 ログイン

国内初の吸入肺高血圧治療薬,有用な臨床成績

IBUKI研究

2016年04月20日 07:15

 肺動脈性肺高血圧症(PAH)は難治性であり重症化を来しやすく,治療薬の選択が重要となる。昨年(2015年)9月に承認されたプロスタグランジンI2誘導体製剤イロプロストは国内初の吸入型肺血管拡張薬で,この度,PAHに対する第Ⅲ相試験IBUKI研究の結果が明らかとなった。第80回日本循環器学会学術集会(3月18~20日,会長=東北大学大学院循環器内科学教授・下川宏明氏)で元東邦大学医療センター小児科教授の佐地勉氏が報告し,既にエンドセリン受容体拮抗薬(ERA),PDE5阻害薬を併用している例においても肺血管抵抗(PVR)の改善が認められたと述べた。研究結果の詳細はCirculation Journal (2016; 80: 835-842)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  国内初の吸入肺高血圧治療薬,有用な臨床成績

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503266 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外