メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  C型肝炎治療薬の治験と実臨床にギャップが

C型肝炎治療薬の治験と実臨床にギャップが

 2016年04月20日 07:10
プッシュ通知を受取る

 香川県立中央病院院長補佐/肝臓内科診療科長の高口浩一氏は,4月11日に開かれたアッヴィ合同会社主催のメディアラウンドテーブルで,C型肝炎治療における治験と実臨床のデータのギャップについて説明し,「実臨床では不利な条件も多く治験データより治療効果が低くなることも多いが,治験データを基に注意して治療を行えば,治療効果が高くなることもある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  C型肝炎治療薬の治験と実臨床にギャップが

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503290 有効期限:6月末まで