メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  先の大震災で行われた「さんあい体操」とは?

先の大震災で行われた「さんあい体操」とは?

被災地のVTE予防に向け開発

 2016年04月20日 13:50
プッシュ通知を受取る

熊本地震関連レポート

 一昨日(4月18日),被災地・熊本で車中泊した被災者が肺塞栓症(PE)を発症し,死亡したと報じられた(関連記事12)。狭い車内や混雑した避難所で長時間同じ姿勢でいると,静脈血栓塞栓症〔VTE:深部静脈血栓塞栓症(DVT)/PE〕のリスクが増大する。こうした被災者のVTE発症予防法として考案されたのが「さんあい体操」だ。災害時に,いつでも,どこでも気軽に行えるこの体操は,東日本大震災時にほとんどの避難所で実際に行われた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  先の大震災で行われた「さんあい体操」とは?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07503300 有効期限:7月末まで