メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

先の大震災で行われた「さんあい体操」とは?

被災地のVTE予防に向け開発

 2016年04月20日 13:50
プッシュ通知を受取る

熊本地震関連レポート

 一昨日(4月18日),被災地・熊本で車中泊した被災者が肺塞栓症(PE)を発症し,死亡したと報じられた(関連記事12)。狭い車内や混雑した避難所で長時間同じ姿勢でいると,静脈血栓塞栓症〔VTE:深部静脈血栓塞栓症(DVT)/PE〕のリスクが増大する。こうした被災者のVTE発症予防法として考案されたのが「さんあい体操」だ。災害時に,いつでも,どこでも気軽に行えるこの体操は,東日本大震災時にほとんどの避難所で実際に行われた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  先の大震災で行われた「さんあい体操」とは?