メニューを開く 検索を開く ログイン

被災地での治療薬共有時には薬剤名と用量の確認を

日本高血圧学会 被災地の高血圧患者向けにQ&A 

 2016年04月21日 15:00
プッシュ通知を受取る

熊本地震関連レポート

 日本高血圧学会は,熊本地震への対応として,4月18日に被災地の高血圧患者向けのQ&Aを発表した。被災した家屋から回収された薬剤の包装シートが浸水や破損している場合は服用しない方が無難であること,やむをえず他人から分けてもらった薬剤を服用する場合は薬剤名と用量を確認し,薬剤を分け合う人のいずれかに大きな合併症がある場合は服用しない方が無難であるなど,計14のQ&Aについて解説している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  被災地での治療薬共有時には薬剤名と用量の確認を