メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オフィスワーカーのドライアイ有病率は65%

オフィスワーカーのドライアイ有病率は65%

Osaka study

 2016年04月22日 07:15
プッシュ通知を受取る

 パソコン操作などのVDT(Visual Display Terminal)作業を長時間行うデスクワークは,眼表面に相当量の負荷をかけていると考えられるが,オフィスワーカーのドライアイに関する疫学研究はアンケートを基にした報告のみだった。慶應義塾大学眼科学教室特任講師の内野美樹氏らは,オフィスワーカーを対象にドライアイ診断基準を用い,ドライアイ専門医による診察の下,ドライアイの有病率と関連因子を検討したOsaka studyを実施。ドライアイ有病率はドライアイ確定群11.6%,疑い群が54.0%と全体の65%を占めることを,第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オフィスワーカーのドライアイ有病率は65%

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503313 有効期限:11月末まで