メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

オフィスワーカーのドライアイ有病率は65%

Osaka study

 2016年04月22日 07:15
プッシュ通知を受取る

 パソコン操作などのVDT(Visual Display Terminal)作業を長時間行うデスクワークは,眼表面に相当量の負荷をかけていると考えられるが,オフィスワーカーのドライアイに関する疫学研究はアンケートを基にした報告のみだった。慶應義塾大学眼科学教室特任講師の内野美樹氏らは,オフィスワーカーを対象にドライアイ診断基準を用い,ドライアイ専門医による診察の下,ドライアイの有病率と関連因子を検討したOsaka studyを実施。ドライアイ有病率はドライアイ確定群11.6%,疑い群が54.0%と全体の65%を占めることを,第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オフィスワーカーのドライアイ有病率は65%

error in template: found but mtif was expected