メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 基礎医学へ戻る

iPS細胞研究で難治性呼吸器疾患の解明へ

基礎医学 | 2016.04.22 07:00

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺線維症などは呼吸不全に陥ることもある致死的な疾患であるが,未分化細胞から肺の上皮細胞への分化プロセスは多段階を経るので,誘導が困難とされてきた。こうした状況の下,京都大学大学院呼吸器内科の伊藤功朗氏は,ヒト人工多能性幹(iPS)細胞から肺胞上皮細胞や,異物排除の役割を担う線毛上皮細胞の分化・誘導が可能となったことを,第56回日本呼吸器学会学術講演会(4月8〜10日,会長=日本大学呼吸器内科学主任教授・橋本修氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  基礎医学 >  iPS細胞研究で難治性呼吸器疾患の解明へ