メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

iPS細胞研究で難治性呼吸器疾患の解明へ

 2016年04月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺線維症などは呼吸不全に陥ることもある致死的な疾患であるが,未分化細胞から肺の上皮細胞への分化プロセスは多段階を経るので,誘導が困難とされてきた。こうした状況の下,京都大学大学院呼吸器内科の伊藤功朗氏は,ヒト人工多能性幹(iPS)細胞から肺胞上皮細胞や,異物排除の役割を担う線毛上皮細胞の分化・誘導が可能となったことを,第56回日本呼吸器学会学術講演会(4月8〜10日,会長=日本大学呼吸器内科学主任教授・橋本修氏)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  iPS細胞研究で難治性呼吸器疾患の解明へ