メニューを開く 検索を開く ログイン

医師と患者で移植後QOL評価に差

同種造血幹細胞移植後の長期生存例

 2016年04月22日 07:10
プッシュ通知を受取る

 わが国の同種造血幹移植例の増加を背景に,患者QOLの重要性が認識されつつある。日本造血細胞移植学会が主導する「本邦の同種造血幹細胞移植後長期生存成人患者におけるQuality of Lifeに関する調査研究」が実施された。詳細な解析結果が待たれるが,広島大学原爆放射線医科学研究所血液・腫瘍内科研究分野講師の大島久美氏は,患者と医師で一部のQOL評価に有意な開きがあったという結果の一部を,第38回同学会総会(3月3~5日,会長=名古屋第一赤十字病院副院長,血液内科部長・宮村耕一氏)の会長シンポジウムで紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  医師と患者で移植後QOL評価に差

error in template: found but mtif was expected