メニューを開く 検索 ログイン

学会展示で学ぶリウマチ学の発展

第60回日本リウマチ学会

2016年04月22日 18:55

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)は,4月22日正午現在で約5,000人が参加する中,リウマチ性疾患の診療に関する最新知見が続々と報告されている。さらに, 60周年記念企画展示も催されており,戦前の1940年代における論文や,リウマチ学の発展を支えてきた関節鏡や人工骨頭,人工関節などが多く展示されている。 "還暦"を迎えたJCRの歴史を振り返り,将来のリウマチ学研究をさらに進展させることを目的としたものだという。

JCR2016会場写真

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  学会展示で学ぶリウマチ学の発展

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503338 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外