メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  学会展示で学ぶリウマチ学の発展

学会展示で学ぶリウマチ学の発展

第60回日本リウマチ学会

2016年04月22日 18:55

1名の医師が参考になったと回答 

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)は,4月22日正午現在で約5,000人が参加する中,リウマチ性疾患の診療に関する最新知見が続々と報告されている。さらに, 60周年記念企画展示も催されており,戦前の1940年代における論文や,リウマチ学の発展を支えてきた関節鏡や人工骨頭,人工関節などが多く展示されている。 "還暦"を迎えたJCRの歴史を振り返り,将来のリウマチ学研究をさらに進展させることを目的としたものだという。

JCR2016会場写真

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  学会展示で学ぶリウマチ学の発展