メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本初のウイルス感染例の発見経緯とは?

日本初のウイルス感染例の発見経緯とは?

重症熱性血小板減少症候群

 2016年04月25日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本初の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)症例の発見は研究機関との連携で実現した。山口県立総合医療センター血液内科診療部長の高橋徹氏は,日本初症例の発見に至った経緯を第90回日本感染症学会総会・学術講演会(会長=東北大学大学院内科病態学講座感染制御・検査診断学分野教授・賀来満夫氏)で説明し,病因不明な患者の検体を適切な研究機関ネットワークに送ることの重要性を指摘した。(読み解くためのキーワード:重症熱性血小板減少症候群

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本初のウイルス感染例の発見経緯とは?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503331 有効期限:10月末まで