メニューを開く 検索を開く ログイン

新たなダニ感染症の報告が西から東に拡大

重症熱性血小板減少症候群

 2016年04月25日 07:10
プッシュ通知を受取る

 ダニが媒介する新興感染症である重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の報告が西から東に徐々に拡大している。国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(FETP)の加藤博史氏らは,第90回日本感染症学会総会・学術講演会(会長=東北大学大学院内科病態学講座感染制御・検査診断学分野教授・賀来満夫氏)で感染症発生動向調査(NESID)に報告された症例の報告内容に基づき,疫学・臨床的背景について述べ,日本におけるSFTS流行状況を明らかにした。(読み解くためのキーワード:重症熱性血小板減少症候群

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新たなダニ感染症の報告が西から東に拡大