メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新たなダニ感染症の報告が西から東に拡大

新たなダニ感染症の報告が西から東に拡大

重症熱性血小板減少症候群

 2016年04月25日 07:10
プッシュ通知を受取る

 ダニが媒介する新興感染症である重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の報告が西から東に徐々に拡大している。国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(FETP)の加藤博史氏らは,第90回日本感染症学会総会・学術講演会(会長=東北大学大学院内科病態学講座感染制御・検査診断学分野教授・賀来満夫氏)で感染症発生動向調査(NESID)に報告された症例の報告内容に基づき,疫学・臨床的背景について述べ,日本におけるSFTS流行状況を明らかにした。(読み解くためのキーワード:重症熱性血小板減少症候群

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新たなダニ感染症の報告が西から東に拡大

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04503336 有効期限:4月末まで