メニューを開く 検索を開く ログイン

久米島スタディが示す緑内障の病態

 2016年04月26日 07:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

酒井氏 久米島スタディ(2005〜06年)は多治見スタディ(2000〜01年に岐阜県多治見市で実施)とともに日本緑内障学会が主催したわが国の疫学研究であり,沖縄県久米島の緑内障の有病率と関連因子について検討された。琉球大学眼科准教授の酒井寛氏が,両スタディから得られた結果の比較により浮かび上がった原発閉塞隅角緑内障(PACG)と原発開放隅角緑内障(POAG)の病態(「読み解くためのキーワード」参照)について考察を述べた。

※中見出しではPACGを「閉塞隅角」,POAGを「開放隅角」と表記

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  久米島スタディが示す緑内障の病態