メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

プライマリ・ケア連合学会が支援活動開始

 2016年04月26日 14:50
プッシュ通知を受取る

 2011年3月11日の東日本大震災で発足した,日本プライマリ・ケア連合学会による医療支援プロジェクトPCAT(関連記事)。今回の熊本地震では,日本医師会による災害医療チーム(JMAT)の活動下で,発災直後から現地入りしている。2年間にわたる支援活動を行った東日本大震災に続き,今震災でもPCATを率いるのは同学会理事の大橋博樹氏〔多摩ファミリークリニック(川崎市)院長〕。同氏によると,発災から現時点(4月25日)までは現地のニーズを正確に把握するための期間であり,これから「中長期的な支援に入る」という。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

開幕直前の平昌五輪!金メダルを期待する競技は?応援している選手名や五輪にまつわる思い出があれば教えてください。

ホーム »  ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01503355 有効期限:1月末まで