メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

プライマリ・ケア連合学会が支援活動開始

 2016年04月26日 14:50
プッシュ通知を受取る

 2011年3月11日の東日本大震災で発足した,日本プライマリ・ケア連合学会による医療支援プロジェクトPCAT(関連記事)。今回の熊本地震では,日本医師会による災害医療チーム(JMAT)の活動下で,発災直後から現地入りしている。2年間にわたる支援活動を行った東日本大震災に続き,今震災でもPCATを率いるのは同学会理事の大橋博樹氏〔多摩ファミリークリニック(川崎市)院長〕。同氏によると,発災から現時点(4月25日)までは現地のニーズを正確に把握するための期間であり,これから「中長期的な支援に入る」という。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  医療の現場レポート »  ニーズを掌握し,PCATいざ,被災地支援へ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503355 有効期限:12月末まで