メニューを開く 検索を開く ログイン

同種造血幹細胞移植後の通院継続率向上へ

 2016年04月27日 13:30
プッシュ通知を受取る

 適応拡大,前処置や併用療法の開発により,同種造血幹細胞移植開始から約40年で施行件数と長期生存患者が増えつつある。しかし,長期生存患者の中には通院中止例も存在し,移植後の二次がんなどのリスクへの対応が求められる。第38回日本造血細胞移植学会総会(3月3~5日)の会長を務めた名古屋第一赤十字病院副院長で血液内科部長の宮村耕一氏は,かかりつけ医・産業医との連携づくりや外来チーム全体で患者をフォローするなど,通院を継続させる取り組みが必要である,と同学会の会長シンポジウムで強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  同種造血幹細胞移植後の通院継続率向上へ