メニューを開く 検索を開く ログイン

在胎26週未満全例で未熟児網膜症が発症

出生時体重1,800g以上では発症せず

 2016年04月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

池田氏 近年の周産期医療の進歩により,出生時体重1,000g未満や在胎28週未満での出生児が増加し,網膜血管の未熟性による未熟児網膜症(ROP)の発症が懸念されている。北里大学病院眼科の池田哲也氏は,同院を含めた3施設でのROPの発症率と発症因子について検討し,新生児の受け入れ基準の相違に伴う出生時体重の差により発症率に差があり,在胎26週未満の児全例でROPが発症したことを明らかにした。第120回日本眼科学会総会(4月7〜10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)の第69回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞受賞講演で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  在胎26週未満全例で未熟児網膜症が発症