メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  「やはり起こった」被災地の肺塞栓症

「やはり起こった」被災地の肺塞栓症

済生会熊本病院・奥村謙氏

 2016年04月27日 21:27
プッシュ通知を受取る

 前・弘前大学大学院循環器腎臓内科学講座教授で,今年(2016年)4月から済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科不整脈先端治療部門の最高技術顧問を務める奥村謙氏は,本日(4月27日)東京で開かれた不整脈治療の記者説明会後,小社に熊本地震に関するコメントを寄せた。「やはり肺塞栓症(PE)は起こった」「とにかく発症予防が必要だ」と訴えた奥村氏は,そのまま熊本県に舞い戻った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

暑い日にMRが背広なし・ノーネクタイで訪問したら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  「やはり起こった」被災地の肺塞栓症

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07503386 有効期限:7月末まで