メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  人工膝関節置換術後の感染診断に関節液グラム染色

人工膝関節置換術後の感染診断に関節液グラム染色

 2016年04月28日 18:00
プッシュ通知を受取る

 人工関節は変形性関節症や関節リウマチ患者などのQOLを改善するが,人工関節置換術の術後感染は治療に難渋するケースも多い。2013年のInternational Consensus Meeting(ICM)on Periprosthetic Joint Infectionでは,人工関節置換術の術後感染の診断について世界的な基準が示された。JCHO星ヶ丘医療センター(大阪府)整形外科部長の椚座康夫氏はこの診断基準を踏まえ,人工膝関節置換術(TKA)術後感染における関節液グラム染色や画像診断の有用性について第46回日本人工関節学会(2月26~27日,会長=関西労災病院・大園健二氏)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  人工膝関節置換術後の感染診断に関節液グラム染色

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06503278 有効期限:6月末まで