メニューを開く 検索 ログイン

60~70歳代の20~30%に早期加齢黄斑変性

長浜スタディ

2016年04月28日 07:20

 ながはま0次予防コホート事業(長浜スタディ)は,2008~10年に滋賀県長浜市と京都大学が連携して行った健診ベースのコホート研究で,2015年に5年後の追跡健診(第2期健診)が終了した。第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で,大津赤十字病院眼科部長の山城健児氏が,早期加齢黄斑変性の有病率は60~69歳で23.4%,70~74歳で31.2%だったと報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  60~70歳代の20~30%に早期加齢黄斑変性

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503367 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外