メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

60~70歳代の20~30%に早期加齢黄斑変性

長浜スタディ

 2016年04月28日 07:20
プッシュ通知を受取る

 ながはま0次予防コホート事業(長浜スタディ)は,2008~10年に滋賀県長浜市と京都大学が連携して行った健診ベースのコホート研究で,2015年に5年後の追跡健診(第2期健診)が終了した。第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で,大津赤十字病院眼科部長の山城健児氏が,早期加齢黄斑変性の有病率は60~69歳で23.4%,70~74歳で31.2%だったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  60~70歳代の20~30%に早期加齢黄斑変性

error in template: found but mtif was expected