メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  抗血栓薬の周術期管理で休薬群に出血リスク

抗血栓薬の周術期管理で休薬群に出血リスク

矢坂正弘氏・MARK研究

 2016年05月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 会場となった札幌市の時計台

 ワルファリンやアスピリン,非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)などの抗血栓薬における周術期管理法は,現時点では確立していない。国立病院機構の周術期患者を前向きに登録し観察するMARK研究において,周術期に抗血栓薬を休薬する群は,継続する群に比べて静脈血栓塞栓症(VTE)などの血栓・塞栓症の発症はもとより,出血や死亡も多いという意外な結果が発表された。国立病院機構九州医療センター脳血管・神経内科科長の矢坂正弘氏が,第41回日本脳卒中学会総会(4月14~16日,会長=北海道大学大学院脳神経外科教授・寳金清博氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  抗血栓薬の周術期管理で休薬群に出血リスク

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503410 有効期限:6月末まで