メニューを開く 検索を開く ログイン

福島県会津地域の視覚障害は3.54%

LOHAS研究

 2016年05月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

 わが国において健康寿命と平均寿命には10年程度の差があり,健康寿命の延伸が課題となっている。福島県会津地域で行われているLOHAS研究は,健康寿命延伸への貢献を目指した運動機能障害に関するコホート研究で,眼科に関するデータの検討から視覚障害が3.54%で認められ,転倒回数や身体活動と視覚障害が関連していることが明らかとなった。順天堂大学眼科先任准教授の平塚義宗氏が第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  福島県会津地域の視覚障害は3.54%