メニューを開く 検索を開く ログイン

白内障術後の眼内炎発症率は0.02%

第120回日本眼科学会総会

 2016年05月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

 白内障手術は普及している眼内手術の1つだが,術後眼内炎の発症に関するデータは明らかにされていない。わが国の術後眼内炎の発症率と危険因子を特定するための前向き多施設共同研究が行われ,術後眼内炎の発症率は0.02%であることが明らかとなった。多根記念眼科病院(大阪市)の井上智之氏が第120回日本眼科学会総会(4月7~10日,会長=山形大学眼科学教室教授・山下英俊氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  白内障術後の眼内炎発症率は0.02%