メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  軟骨減少を予見するMRI分析ツールを開発

軟骨減少を予見するMRI分析ツールを開発

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月09日 07:00

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 関節リウマチ(RA)の関節破壊を予測するのに,軟骨や滑膜の評価が有用である。東京大学22世紀医療センターでは,膝MRI画像からほぼ自動で軟骨・滑膜領域を抽出する定量計測用ICTツールを開発した。同センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授の岡敬之氏は,中等度以上で活動性の膝関節症状を有するRA患者の治療効果を同ツールで評価した結果から,「軟骨破壊を抑制することを予見するためには,治療開始3カ月時点での造影滑膜の減少率が重要であり,そのカットオフ値は約50%であった」と,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「今後のRA治療;Post Remission イメージングによるRA治療選択の可能性」で報告した。

会場写真

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  軟骨減少を予見するMRI分析ツールを開発

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503419 有効期限:10月末まで