メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  マラリア原虫媒介能を蚊の腸内細菌で制御

マラリア原虫媒介能を蚊の腸内細菌で制御

 2016年05月10日 07:15
プッシュ通知を受取る

 マラリア媒介蚊の腸内細菌を活用することで蚊の体内でマラリア原虫の増殖を抑制できる可能性が示された。東京慈恵会医科大学熱帯医学講座教授の嘉糠洋陸氏らは腸内細菌によるマラリア媒介蚊の制御法の開発を行っており,その研究結果を第90回日本感染症学会総会・学術講演会(4月15~16日,会長=東北大学大学院内科病態学講座感染制御・検査診断学分野教授・賀来満夫氏)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  マラリア原虫媒介能を蚊の腸内細菌で制御

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503403 有効期限:12月末まで