メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  心臓に触れずに治療!?

心臓に触れずに治療!?

皮下植え込み型ICDが登場

 2016年05月10日 07:20
プッシュ通知を受取る

 植え込み型除細動器(ICD)は,心室性頻拍性不整脈や致死性頻脈性不整脈に対する除細動ショック治療として有効性が確立されている。しかし,リード線を静脈内に固定するこれまでの経静脈ICDシステムは,留置による感染症リスクやリード線の不具合に伴うリスクがあり,施行する循環器専門医はこうしたリスクに悩まされてきた。今年(2016年)4月,わが国初の完全皮下植え込み型(S)-ICDシステムが発売された。本体とリード線が心臓や静脈に直接触れないというS-ICDシステムとは?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  心臓に触れずに治療!?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04503418 有効期限:4月末まで