メニューを開く 検索を開く ログイン

日本式糖尿病チーム医療が中国を変える

 2016年05月10日 14:20
プッシュ通知を受取る

飯塚氏 飯塚陽子氏(東京大学糖尿病・代謝内科)は2011年から,糖尿病患者が急増する中国で日本式糖尿病チーム医療を行うプロジェクトを推進している。同氏が率いる医療チームの取り組みにより,患者の糖尿病に対する知識や意識が向上し,血糖管理が改善するなどの成果が上がっている。同氏によると,この取り組みは日本の医療にも大きな利点があるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  日本式糖尿病チーム医療が中国を変える