メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  受傷後1週間でも血液検査で脳損傷を検知

受傷後1週間でも血液検査で脳損傷を検知

米・前向きコホート研究

 2016年05月11日 07:10
プッシュ通知を受取る

 脳震盪または軽度〜中等度の外傷性脳損傷(TBI)による症状は,受傷から数日経過した後に発現することが少なくない。CTによる脳病変の確認が最も正確な診断法だが,高額であり放射線被曝の問題もある。米・Orlando Regional Medical CenterのLinda Papa氏らは,血液検査で2つのバイオマーカーを調べる前向きコホート研究を実施。この方法でCTと同レベルの診断精度が得られ,受傷から7日後でも脳損傷の証拠を検知できたとJAMA Neurol2016年3月28日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  受傷後1週間でも血液検査で脳損傷を検知

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08503454 有効期限:8月末まで