メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

受傷後1週間でも血液検査で脳損傷を検知

米・前向きコホート研究

 2016年05月11日 07:10
プッシュ通知を受取る

 脳震盪または軽度〜中等度の外傷性脳損傷(TBI)による症状は,受傷から数日経過した後に発現することが少なくない。CTによる脳病変の確認が最も正確な診断法だが,高額であり放射線被曝の問題もある。米・Orlando Regional Medical CenterのLinda Papa氏らは,血液検査で2つのバイオマーカーを調べる前向きコホート研究を実施。この方法でCTと同レベルの診断精度が得られ,受傷から7日後でも脳損傷の証拠を検知できたとJAMA Neurol2016年3月28日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  受傷後1週間でも血液検査で脳損傷を検知

error in template: found but mtif was expected