メニューを開く 検索を開く ログイン

脊椎関節炎,診療の混乱を正しく理解する

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月12日 10:40
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 脊椎関節炎(SpA)に関しては,2009年にAssesment of Spondylo Arthritis international Society(ASAS)から分類基準が提唱され,早期診断・治療が推奨された。しかし,誤診・過剰診断による不適切な治療が見られることが,米国リウマチ学会(ACR)から指摘された。順天堂大学教授で順天堂越谷病院内科科長の小林茂人氏は,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「強直性脊椎炎と乾癬性関節炎を正しく理解する-2016-」で解説した。

会場写真

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脊椎関節炎,診療の混乱を正しく理解する