メニューを開く 検索を開く ログイン

「フライパン使わないで」が血圧下げる?

食事性鉄制限の降圧効果を検討—兵庫医大研究

 2016年05月12日 07:10
プッシュ通知を受取る

内藤由朗氏  過剰な鉄は活性酸素種(ROS)を生成し,さまざまな病態に関与することが知られている。兵庫医科大学内科学循環器内科講師の内藤由朗氏らは,高血圧患者に対する食事性鉄制限の有効性を検討し,3カ月間で血圧の有意な低下は認められなかったものの,血管内皮機能と酸化ストレスの指標に改善が見られたと第113回日本内科学会総会・講演会(4月15~17日,会長=東京大学大学院糖尿病・代謝内科教授・門脇孝氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「フライパン使わないで」が血圧下げる?