メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脳由来神経栄養因子がCKD発症の新マーカーに

脳由来神経栄養因子がCKD発症の新マーカーに

HSCAA Studyでの検討から

 2016年05月12日 11:15
プッシュ通知を受取る

藏城雅文氏  神経細胞の発生・発達に寄与することが知られている脳由来神経栄養因子(BDNF;brain derived neurotrophic factor)は,脳や末梢神経の他,循環血液中にも存在し,摂食や糖代謝などで重要な役割を担っている。このBDNFの働きに注目して研究を行っている兵庫医科大学糖尿病・内分泌・代謝科の藏城雅文氏らは,慢性腎臓病(CKD)の発症と血漿BDNF濃度との関連を検討し,血漿BDNF濃度低値がCKD発症の独立した予測因子であると第89回日本内分泌学会学術総会(4月21~23日,会長=国立病院機構京都医療センター臨床研究センター長・島津章氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脳由来神経栄養因子がCKD発症の新マーカーに

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05503451 有効期限:5月末まで