メニューを開く 検索を開く ログイン

ステロイド・Bioでは要注意の「免疫再構築症候群」

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月12日 16:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 免疫再構築症候群(Immune Reconstitution Inflammatory Syndrome; IRIS)は,免疫抑制状態から少し回復した際に日和見感染症を呈するのが特徴である。杏林大学名誉教授の塩原哲夫氏は,「日和見感染症であってもステロイドを中止するといった,これまでの常識的な対応は通用しない。ステロイドや生物学的製剤(Bio),免疫抑制薬を使用する医師はIRISに注意しなければならない」と,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「生物学的製剤投与と結核・ウイルス性肝炎の重症化-免疫再構築症候群」で強調した。

会場写真

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ステロイド・Bioでは要注意の「免疫再構築症候群」