メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ANCA関連血管炎,学会横断でGL普及に向けて

ANCA関連血管炎,学会横断でGL普及に向けて

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月13日 07:05
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎(AAV)に関しては,異なる診療科が中心となって複数のガイドライン(GL)が策定されている。診療科間,学会間の整合性を図るために,厚生労働省難治性血管炎に対する調査研究班*1横断協力分科会*2は,日本リウマチ学会,日本呼吸器学会,日本腎臓学会の評議員を対象にGLに関する意識調査を実施。結果について,和歌山県立医科大学リウマチ・膠原病内科教授の藤井隆夫氏が第60回日本リウマチ学会総会・学術集会の「日本リウマチ学会-難治性血管炎に関する調査研究班合同シンポジウム」で報告した。ステロイド・免疫抑制薬の使用法および寛解導入プロトコルについて特に意見の相違が多いが,これらをテーマに学会内のシンポジウムで横断的にディスカッションすることで,AAVの標準的な治療方針をより共有できる可能性があることを指摘した。

*1班長:杏林大学腎臓・リウマチ膠原病内科主任教授・有村義宏氏

*2分科会長:順天堂大学膠原病内科教授・髙崎芳成氏

会場写真

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ANCA関連血管炎,学会横断でGL普及に向けて

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503458 有効期限:10月末まで