メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  診療科横断型のANCA関連血管炎GL案 明らかに

診療科横断型のANCA関連血管炎GL案 明らかに

第60回日本リウマチ学会

2016年05月13日 07:00

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 中・小型血管炎である抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎(AAV)の治療には,多臓器病変に対して多くの診療科が関わる。そのため,AAV診療全体を包括したガイドライン(GL)が必要なことから,厚生労働省の難治性血管炎に関する調査研究班*,難治性腎疾患に関する調査研究班,びまん性肺疾患に関する調査研究班の3班合同によるGL策定作業が進められ,年内公表が予定されている。東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センターリウマチ性疾患薬剤疫学研究部門特任教授の針谷正祥氏は,GL案における寛解導入および維持療法の治療レジメン,重症腎障害のケースに対する血漿交換に関するクリニカルクエスチョン(CQ)を,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)の「日本リウマチ学会-難治性血管炎に関する調査研究班合同シンポジウム 血管炎症候群の診療ガイドライン」で紹介した。

*班長:杏林大学腎臓・リウマチ膠原病内科主任教授・有村義宏氏

会場写真

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  診療科横断型のANCA関連血管炎GL案 明らかに