メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  人間はアンドロイドに夢を見る

人間はアンドロイドに夢を見る

医療における活用の可能性

 2016年05月13日 07:15
プッシュ通知を受取る

 ロボット支援手術,介護支援ロボットスーツなど,ロボット技術の医療への応用が進んでいる。受付で応対するPepperなど,患者と対話するヒューマノイド型ロボットの活動も始まった。人とロボットの関わりは医療分野に何をもたらすのだろうか。アンドロイド研究の世界的権威として知られる大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授(特別教授)/国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)の石黒浩氏は,第 116 回日本外科学会定期学術集会(4月14〜16日,会頭=大阪大学大学院心臓血管外科教授・澤芳樹氏)で特別講演を行い,ロボット研究は技術開発につながるだけでなく,人間の本質を解明することで新たな医療サービスの設計に寄与すると語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  人間はアンドロイドに夢を見る

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503465 有効期限:11月末まで