メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オペ看が医師に伝えたい4つのこと

オペ看が医師に伝えたい4つのこと

第104回日本泌尿器科学会総会

 2016年05月13日 07:10
プッシュ通知を受取る

 新人看護師が手術室の器械出しを担当し始めるころ,「ウロ(泌尿器科)の手術は新人ばかりつくなぁ」と思ってしまう先生はいないだろうか。これには医師と看護師のキャリア形成の違いが関わっているのかもしれない。第104回日本泌尿器科学会総会(会長=東北大学大学院泌尿器科教授・荒井陽一氏)で,岡山大学病院看護部の川上雅弘氏は「泌尿器科は手術看護の基礎を学ぶのに適した科であるが,各科をローテーションする看護師にとってはキャリアの一部であることを理解して欲しい」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オペ看が医師に伝えたい4つのこと

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503466 有効期限:2月末まで