メニューを開く 検索を開く ログイン

【共同企画】「なおる」診療科へ―新たなステージに入った神経内科

第57回日本神経学会学術大会大会長・梶龍兒氏に聞く

 2016年05月13日 14:00
プッシュ通知を受取る

梶龍兒氏  神経内科は「なおらない」「わからない」診療科といわれてきたが,近年では遺伝子研究などの 進歩に伴い,多くの難治性疾患において病態の解明や新たな治療法の開発が進んでいる。一方, わが国では高齢化に伴い脳卒中,認知症患者の増加が予測されており,神経内科や関連する診療科のニーズは今後さらに増大する見通しだ。第57回日本神経学会学術大会ではメインテーマ 「なおる神経内科をめざして」の下,神経学の最新知見を幅広い医師に提供すべく,充実したプログラムが組まれている。同学術大会の開催を前に,大会長の梶龍兒氏〔徳島大学大学院臨床神経科学分野(神経内科)教授〕に神経内科の現状や大会の特色について解説していただいた。

※この記事は,第57回日本神経学会学術大会とメディカルトリビューンの共同企画です。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  【共同企画】「なおる」診療科へ―新たなステージに入った神経内科

error in template: found but mtif was expected