メニューを開く 検索 ログイン

"HAE"を見過ごしていませんか

医師の5割超が知らない疾患とは

2016年05月16日 07:10

26名の医師が参考になったと回答 

山本氏大井氏  本日5月16日は"HAE DAY"。"HAE"とは,1888年に初めて報告され,1963年にその本態が解明された遺伝性血管性浮腫(Hereditary Angioedema)のこと。取り立てて新しい疾患ではないものの,わが国で近年行われた4,490人以上の医師対象調査での認知度は44.8%と半数に届かなかった。その認知度の低さから,発作時に受診しても見過ごされたり,誤診されたりするケースも多く,中には40年間未診断のままだった患者も存在する。HAEの啓発を目的としたプレスセミナーが開催され,HAEの専門家であるHAE情報センター顧問の大井洋之氏と,自身もHAE患者であるNPO法人HAEジャパン理事長の山本ベバリーアン氏が登壇し,認知度向上の重要性を訴えた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  "HAE"を見過ごしていませんか

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで