メニューを開く 検索

SGLT2阻害薬で握力向上,サルコぺニアを回復?

作用機序で新しい仮説も提示

2016年05月18日 07:20

40名の医師が参考になったと回答 

 HDCアトラスクリニック(東京都)院長/日本医科大学客員教授の鈴木吉彦氏らの研究グループは,SGLT2阻害薬の投与により2型糖尿病患者の握力が有意に高まることをJ Diabetes2016年4月2日オンライン版)に報告した。SGLT2阻害薬は筋肉分解作用持つため高齢者ではサルコペニアに注意を要すると指摘されているが,サルコペニアの診断基準の1つである握力の向上効果が確認されたことで,従来の考えが覆される可能性が出てきた。また同研究グループは作用機序について「Set-Point Change」という新しい仮説を提唱しており,SGLT2阻害薬の心血管リスク低下を示したEMPA-REG OUTCOME試験の結果についてもこれまでと違った解釈を提示している。鈴木氏に解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  SGLT2阻害薬で握力向上,サルコぺニアを回復?