メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを(2)

足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを(2)

KOH法による診断

 2016年05月19日 10:40
プッシュ通知を受取る

 足・爪白癬の治療を行うには,水酸化カリウム(KOH)溶液直接鏡検法(以下,KOH法)による確定診断が求められる。しかし近年,KOH法を行わずに,白癬の既往歴や臨床所見に基づいて治療を行っている医師は少なくないという。しかしKOH法の施行なしに治療を開始すると,思わぬ落とし穴もあるという。金沢医科大学皮膚科学講座教授の望月隆氏,揖斐厚生病院(岐阜県揖斐郡)皮膚科部長の藤広満智子氏に,足・爪白癬の診断について聞いた。〔関連記事:(1)高齢者足・爪白癬の疫学と病態

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

今回の大型台風に対する先生の施設の対応は?(台風進路外の先生は"想定"でお答えください)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを(2)

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10503502 有効期限:10月末まで