メニューを開く 検索を開く ログイン

足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを(2)

KOH法による診断

 2016年05月19日 10:40
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 足・爪白癬の治療を行うには,水酸化カリウム(KOH)溶液直接鏡検法(以下,KOH法)による確定診断が求められる。しかし近年,KOH法を行わずに,白癬の既往歴や臨床所見に基づいて治療を行っている医師は少なくないという。しかしKOH法の施行なしに治療を開始すると,思わぬ落とし穴もあるという。金沢医科大学皮膚科学講座教授の望月隆氏,揖斐厚生病院(岐阜県揖斐郡)皮膚科部長の藤広満智子氏に,足・爪白癬の診断について聞いた。〔関連記事:(1)高齢者足・爪白癬の疫学と病態

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  足・爪白癬の慢性化と感染拡大に歯止めを(2)