メニューを開く 検索 ログイン

インフリキシマブ,クローン病再発に効果

小腸内視鏡による経過観察が重要

2016年05月19日 07:10

 クローン病(CD)の外科治療において,再発予防は重要な課題である。インフリキシマブ(IFX)は,術後の再発防止効果が最も注目される薬剤である。名古屋大学消化器内科の渡辺修氏は,小腸切除後のCD患者にダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)検査で病変の評価を継続的に続け,IFXの適切な投与により再手術のリスクを減らすことができると,第102回日本消化器病学会総会(4月21~23日,会長=東京医科歯科大学消化器病態学教授・渡辺守氏)のシンポジウム「最新治療の最適化はIBDの自然史を変えるか?」で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  インフリキシマブ,クローン病再発に効果