メニューを開く 検索を開く ログイン

インフリキシマブ,クローン病再発に効果

小腸内視鏡による経過観察が重要

 2016年05月19日 07:10
プッシュ通知を受取る

 クローン病(CD)の外科治療において,再発予防は重要な課題である。インフリキシマブ(IFX)は,術後の再発防止効果が最も注目される薬剤である。名古屋大学消化器内科の渡辺修氏は,小腸切除後のCD患者にダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)検査で病変の評価を継続的に続け,IFXの適切な投与により再手術のリスクを減らすことができると,第102回日本消化器病学会総会(4月21~23日,会長=東京医科歯科大学消化器病態学教授・渡辺守氏)のシンポジウム「最新治療の最適化はIBDの自然史を変えるか?」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  インフリキシマブ,クローン病再発に効果