メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  インフリキシマブ,クローン病再発に効果

インフリキシマブ,クローン病再発に効果

小腸内視鏡による経過観察が重要

 2016年05月19日 07:10
プッシュ通知を受取る

 クローン病(CD)の外科治療において,再発予防は重要な課題である。インフリキシマブ(IFX)は,術後の再発防止効果が最も注目される薬剤である。名古屋大学消化器内科の渡辺修氏は,小腸切除後のCD患者にダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)検査で病変の評価を継続的に続け,IFXの適切な投与により再手術のリスクを減らすことができると,第102回日本消化器病学会総会(4月21~23日,会長=東京医科歯科大学消化器病態学教授・渡辺守氏)のシンポジウム「最新治療の最適化はIBDの自然史を変えるか?」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  インフリキシマブ,クローン病再発に効果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503510 有効期限:11月末まで