メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「電界攪拌」で術中免疫染色診断が可能に

「電界攪拌」で術中免疫染色診断が可能に

 2016年05月19日 07:05
プッシュ通知を受取る

 電界攪拌技術を用いて術中に応用が難しかった免疫染色診断を可能にした。秋田大学病院病理診断科・病理部病院教授の南條博氏が電界非接触撹拌迅速免疫染色技術(R-IHC法)を用いた病理細胞診断の現状と課題について第105回日本病理学会総会(5月12~14日,会長=東北大学大学院病理診断学分野教授・笹野公伸氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「電界攪拌」で術中免疫染色診断が可能に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04503511 有効期限:4月末まで