メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

良性甲状腺結節,濾胞性腫瘍の増大で手術を

2011〜13年の隈病院の症例検討から

 2016年05月19日 07:15
プッシュ通知を受取る

中村浩淑氏  甲状腺結節の中でも良性と悪性の鑑別が難しい濾胞性腫瘍は,切除すべきか否かが常に問われることから,その悪性度を適切に評価して手術適応を決める必要がある。第89回日本内分泌学会学術総会(4月21~23日,会長=国立病院機構京都医療センター臨床研究センター長・島津章氏)で,「甲状腺結節取扱い診療ガイドライン2013」作成委員会委員長の中村浩淑氏〔隈病院(神戸市)学術顧問〕が,近年蓄積された同院での治療成績や文献学的検討を加えて同ガイドラインの内容を再検討し,「経過観察中に濾胞性腫瘍の増大があれば,手術を勧めるべきだろう」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  良性甲状腺結節,濾胞性腫瘍の増大で手術を

error in template: found but mtif was expected