メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  被爆時20歳未満の高線量被曝で乳がんが高リスク

被爆時20歳未満の高線量被曝で乳がんが高リスク

原爆被曝者の寿命調査

 2016年05月20日 11:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 原爆被曝時年齢が20歳未満で高線量を被曝した女性では乳がん発生の相対リスクが特に高い。1950~2005年に診断され,病理試料が入手できた症例のうち,病理学的に第一原発乳がんと診断された症例について検討した結果を,JA尾道総合病院(広島県)病理研究検査科主任部長の米原修治氏らが第105回日本病理学会総会(5月12~14日,会長=東北大学大学院病理診断学分野教授・笹野公伸氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  被爆時20歳未満の高線量被曝で乳がんが高リスク

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08503529 有効期限:8月末まで