メニューを開く 検索を開く ログイン

喘息は管理次第でQOLを保てる時代

喘息診療のUPDATE

 2016年05月23日 07:00
プッシュ通知を受取る

一ノ瀬氏 日本における「喘息予防・管理ガイドライン(JGL)」は,1993年に日本アレルギー学会が作成した「アレルギー疾患治療GL」を基にしており,JGLへと発展してきた。JGLは3年置きに改訂を重ね,昨年には2015年版が発行された。これまで,成人喘息の発作時および長期管理におけるアドヒアランス維持の重要性を打ち出してきたJGLが,実臨床にどのような変化をもたらしてきたのか。同学会喘息GL専門部会長で東北大学大学院呼吸器内科学教授の一ノ瀬正和氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  喘息は管理次第でQOLを保てる時代