メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  喘息は管理次第でQOLを保てる時代

喘息は管理次第でQOLを保てる時代

喘息診療のUPDATE

 2016年05月23日 07:00

一ノ瀬氏 日本における「喘息予防・管理ガイドライン(JGL)」は,1993年に日本アレルギー学会が作成した「アレルギー疾患治療GL」を基にしており,JGLへと発展してきた。JGLは3年置きに改訂を重ね,昨年には2015年版が発行された。これまで,成人喘息の発作時および長期管理におけるアドヒアランス維持の重要性を打ち出してきたJGLが,実臨床にどのような変化をもたらしてきたのか。同学会喘息GL専門部会長で東北大学大学院呼吸器内科学教授の一ノ瀬正和氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  喘息は管理次第でQOLを保てる時代

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503524 有効期限:10月末まで