メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  RA治療費の軽減に医師ができること

RA治療費の軽減に医師ができること

第60回日本リウマチ学会

 2016年05月23日 17:10
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 2013年度の国民医療費は40兆610億円と,前年度に比べ8,493億円(2.2%)の増加が示された。医療財政を逼迫させる医療費の高騰には,関節リウマチ(RA)治療の目覚ましい進歩に貢献してきた高価な薬剤が少なからず影響しているという。そこで,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21〜23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)では,「RA治療と医療経済」と題したシンポジウムを開催。RA治療が医療経済に与えるインパクトが提示されるとともに,医師が対応可能なRA治療費の軽減策が提案された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  RA治療費の軽減に医師ができること

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503528 有効期限:9月末まで