メニューを開く 検索を開く ログイン

心筋梗塞へのp38 MAPK阻害薬 有効性示せず

【海外短報】

 2016年05月23日 14:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 p38分裂促進因子活性化蛋白質キナーゼ(p38 MAPK)阻害薬であるlosmapimodの急性心筋梗塞(AMI)患者への投与に有効性は認められなかったと、国際共同研究グループがJAMA2016; 315: 1591-1599)に発表した。

重篤な有害事象の発現率も同等

 Losmapimodは第Ⅱ相試験で非ST上昇型MI患者の転帰を改善する可能性が示されたことから、34カ国の322施設参加によるAMI患者を対象とした第Ⅲ相試験が実施された。

 Losmapimod群(7.5mgを1日2回投与)に1,738例、プラセボ群に1,765例をランダムに割り付け12週間投与し、さらに12週間追跡した。主要エンドポイントは12週目までの心血管死、MI、緊急冠血行再建を必要とする重度虚血再発の複合とした。

 その結果、主要エンドポイントの発生はlosma­pimod群139例、プラセボ群123例と有意差はなく(P=0.24)、治療中の重篤な有害事象の発現率もそれぞれ16.0%、14.2%とほぼ同等であった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  心筋梗塞へのp38 MAPK阻害薬 有効性示せず

error in template: found but mtif was expected