メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  80歳以上のCOPD,活動性は低下も身体能力は維持

80歳以上のCOPD,活動性は低下も身体能力は維持

呼吸器学会・藤原京スタディ報告

 2016年05月24日 07:00
プッシュ通知を受取る

 人口の高齢化に伴い,80歳以上の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者も増加していることが推測されている。奈良県立医科大学病院教授の吉川雅則氏らは,高齢者のQOLと生活機能に関するコホート研究として奈良県で実施している藤原京スタディの検討から,「日常生活が自立している80歳以上の高齢者においても,COPD有病率は2割近くと高率で,身体活動性は低下していた。ただし,身体能力に関しては維持されていることが示唆された」と,第56回日本呼吸器学会学術講演会(4月8〜10日,会長=日本大学内科学系呼吸器内科学主任教授・橋本修氏)のシンポジウム「慢性呼吸器疾患疫学研究の新展開」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  80歳以上のCOPD,活動性は低下も身体能力は維持

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503539 有効期限:12月末まで