メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  大腿骨寛骨臼インピンジメント 狭義の診断指針

大腿骨寛骨臼インピンジメント 狭義の診断指針

第89回日本整形外科学会

 2016年05月24日 11:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 変形性股関節症(股OA)の一因となる可能性が高く,日本股関節学会から提唱された大腿骨寛骨臼インピンジメント(femoroacetabular impingement;FAI)の定義と診断指針が,最近発行された股OA診療ガイドライン(GL)2016年版に追加された。東京医科歯科大学大学院整形外科学分野准教授の神野哲也氏は「股OAの原因として多い寛骨臼形成不全をはじめ,明らかな股関節疾患に続発する骨形態異常を除いた,大腿骨と寛骨臼間のインピンジメントとして,狭義の診断指針を提示した」と,第89回日本整形外科学会学術総会(5月12〜15日,会長=横浜市立大学整形外科教授・齋藤知行氏)のシンポジウム「FAIの定義と診断基準」で述べた。


…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  大腿骨寛骨臼インピンジメント 狭義の診断指針

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503577 有効期限:11月末まで