メニューを開く 検索を開く ログイン

合併症の存在がRAへのBio治療の障壁に

リウマチ学会・IORRA研究

 2016年05月24日 17:05
プッシュ通知を受取る

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 過去15年ほどで飛躍的に治療成績が向上してきた関節リウマチ(RA)。同時に、次なる課題も見えてきており、第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)では、逼迫する医療経済問題や、"超早期"介入の検討など、国内外から報告が相次いだ(関連記事1関連記事2)。東京女子医大膠原病リウマチ痛風センター教授の山中寿氏は、同大が2000年から取り組んでいる大規模前向きコホートIORRA研究の結果から見えてきた課題の1つとして合併症について発表。「RA患者における合併症の存在が、生物学的製剤(Bio)などの新規抗リウマチ薬(DMARD)治療の大きな障壁になっている」と問題視した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  合併症の存在がRAへのBio治療の障壁に

error in template: found but mtif was expected