メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio中断に伴う結核関連IRIS、Bio再開も対策

Bio中断に伴う結核関連IRIS、Bio再開も対策

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

2016年05月24日 13:25

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 生物学的製剤(Bio)治療中に発症した結核の治療に際して、Bioの中断により細胞性免疫能の回復を介した免疫再構築症候群(immune reconstitution inflammatory syndrome;IRIS)を来すケースがあるという。日本医科大学大学院呼吸器内科学分野の田中徹氏は、腫瘍壊死因子(TNF)を標的としたBioを用いた治療中に発症したIRISの臨床像を分析。その結果から、「結核関連IRISに対する治療薬としてステロイドが用いられるが、ステロイド抵抗性の患者においては、中断していたBioを再開してIRISを制御できたケースがある」と,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「生物学的製剤投与と結核・ウイルス性肝炎の重症化-免疫再構築症候群」で報告した。

会場写真

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio中断に伴う結核関連IRIS、Bio再開も対策