メニューを開く 検索 ログイン

Bio中断に伴う結核関連IRIS、Bio再開も対策

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会

2016年05月24日 13:25

第60回日本リウマチ学会総会・学術集会レポート

 生物学的製剤(Bio)治療中に発症した結核の治療に際して、Bioの中断により細胞性免疫能の回復を介した免疫再構築症候群(immune reconstitution inflammatory syndrome;IRIS)を来すケースがあるという。日本医科大学大学院呼吸器内科学分野の田中徹氏は、腫瘍壊死因子(TNF)を標的としたBioを用いた治療中に発症したIRISの臨床像を分析。その結果から、「結核関連IRISに対する治療薬としてステロイドが用いられるが、ステロイド抵抗性の患者においては、中断していたBioを再開してIRISを制御できたケースがある」と,第60回日本リウマチ学会総会・学術集会(JCR2016,4月21~23日,会長=埼玉医科大学整形外科学教授・織田弘美氏)のシンポジウム「生物学的製剤投与と結核・ウイルス性肝炎の重症化-免疫再構築症候群」で報告した。

会場写真

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Bio中断に伴う結核関連IRIS、Bio再開も対策

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで