メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  海外旅行では狂犬病にご注意

海外旅行では狂犬病にご注意

第15回日本旅行医学会大会

 2016年05月25日 14:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 学会場となった国立オリンピック記念青少年総合センター

 日本国内での狂犬病発生は1957年を最後に報告がないが、世界には狂犬病の常在地が存在する。日本人は自国での発症がないことから狂犬病に対する警戒感が極めて希薄で、不用意に動物に手を出して噛まれたり、噛まれても必要な措置を行っていないことが多い。元東京都立駒込病院ワクチン外来担当の髙山直秀氏は、狂犬病は発症するとほぼ死に至ることから予防が最重要であり、常在地で動物に噛まれた場合は速やかに現地の医療機関で曝露後発病予防のワクチンを接種すべきだと強調した。第15回日本旅行医学会大会(会長=千葉大学大学院消化器・腎臓内科学教授・横須賀收氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  海外旅行では狂犬病にご注意

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503570 有効期限:10月末まで